上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更ですが、見ました。魔法少女まどか☆マギカ。

このタイトルだけだとオタク向けの萌え系アニメだと思われがち――てか、俺もそう思ってたのですが、今じゃ意見ひっくり返ってます。馬鹿にしてごめんよ。

とりあえず、久々に良い作品を見たって感じです。
最終話の12話を除けばストーリー、演出、共に最高だったのではないかと。
脇を固める声優さんのお芝居に関してはちょっと疑問が残る物の、物語の本筋とは関係ないので省くとして。

内容に付いてもグーグル先生に「まど」て打つと「まどかマギカ 考察」て出る位なので、先生に聞いてください。的確な答えが返ってきます。

とにかく今回、なんとなくツイッターで「エヴァが26話かけてやろうとした事をまどマギは12話でやった」てつぶやいている人を見つけて、見始めたのですが確かに正解かなぁと。
その言葉の意味はちょっと理解出来ませんが、エヴァに通じる物を感じました。


とにかく、まどマギ。あの絵柄だから萌系魔女っ子アニメ。なのはのパクリだと思ってたんですけど、大違い。萌えを求めてみたら大やけどです。燃え的な意味ではなく。
……とにかく話がエグい。



ぁ、こっから先ネタバレ入りますヨット。




色んな葛藤を人は抱えている物で、それを叶える為に希望だとか奇跡ってのが有る訳ですが、それを叶えたとして代わりに抱く物、それが絶望。当然ですわな、結果には新たな事情がつきまとうもんです。

そしてその結果から逃れようとしても、逃れきれる物ではありません。
それを描くのがエグい。
しかも、当然のように。

演出が良い上にアニメでしか出来ない映像がそれを助長していて、途中から気分が悪くなる――っていうと違うか。なんていうか、胸の奥底を抉られる様な。

しかもそれが正論なもんだから抵抗も出来ないし、飲込む事も出来ないし。
「お前の生活は人々の不幸の上でなりなってる」て言われた時と同じ感じです。

あの絵柄だからこそ際立つのか、それとも緩和されてるのか……なにはともあれ、いいアニメでした。

12話にアレだけの事を詰め込んだのも素晴らしい。
消費されて行くだけのアニメが数多くある中、久々にヒット作です。
ま、毛嫌いする前にとりあえず是非見てください。

批判はそれから。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/3274-fb6e85fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。