上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.03 はやぶさ
以前大阪市立科学館のプラネタリウムに行った時に出会ったのがはやぶさでした。
ホントに偶然、お星様見に行ったのにはやぶさの上映会やってて「うへ、地雷臭がするぜwww」とか言ってたのに終わったらボロ泣きしてて、「帰ってくるの来年かー……帰って来れるよね?」ていう祈りにも似た感情抱きました。

そしたら数ヶ月後、ニコニコ動画ではやぶさが人気になって。世間でも注目され初めて、少し嬉しかった。

そして大気圏突入前日、特にニュースで報じられる事なく、大気圏突入。
翌朝、ニュースでは光になって消えて行くはやぶさの姿が。

素直に綺麗だと思った。
涙が止まりませんでした。

長い長い旅を終えて、度重なるトラブルをまさに奇跡としか言いようも無い方法で回避して、採取したカプセルを地球に落とし、最後に地球をカメラに収めて、消えて行く。

「もう一度、宇宙に戻せないですかね?」

プロデューサーさんが言った言葉だそうです。カプセルを落とした後、宇宙空間に戻れないか?
無理な話だと分かっていて、そのまま燃え尽きるはやぶさをどうにかしたいと溢れた言葉なのでしょう。

一体どれだけの人達があの小型衛星探査機に想いを馳せたのか。

そして、その裏側にどれほどの苦労が有ったのか。
予算も無く、世界で誰もやった事の無い奇跡のプロジェクト。

その内容がテレビで特集されていました。タモリとSMAPが司会で、アポロ11号とかの宇宙関係者を招いた特別番組です。
素直に感動しました。誰も知らなかったはやぶさがこんな風にテレビで特集を組まれるなんて。

はやぶさの仕事の難易度を説明すると「日本から南アメリカにいるハエをライフルで打ち落とす」程難しいらしいですね。(もしかすると間違ってるかもですが)

こんな事の出来る日本に誇りを持ちたい。はやぶさはそう思わせてくれました。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/3252-3c19d462
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。