上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.14 夜間節電
「夜間節電する」というのなら始めから「夜は寝れば良いじゃん!」という案に付いて考えてみる。
そもそも太陽は6時頃から顔を出しているのに働き出すのは10時。んでもって、太陽が沈むのが6時だとしても就寝するのは深夜1時。

これを3時間早くするだけでも結構な節電になるんじゃないかと思う。

人間元々は夜なんて活動せずに寝るのが一般的。
新宿なんて不夜城だなんて厨二ネームついてるとおり、終電終わっても明るいんですが何の必要が有るのさ、そんなにピカピカピカピカしてさ。

あれかい?暗闇だとイケナイ事をしちゃいたい気分になるのかい?夜遅くまで遊んでいると大人(笑)なのかい?
いや、まぁ、その価値観は人それぞれですし。それが良いという人も居るのでしょう。

俺はかっこわるいと思いますが。
(なんか暗闇でこそこそやるのって小心者とかのイメージ)

話がそれてますね。

経済活動の基軸を3時間早め、夜の間の照明を点灯させる時間を削る。
現時点で言う朝7時から営業開始で夜6時には閉店。終電は9時(笑

って書くと凄く良い子みたい(笑

ですが、実際の所朝5時に起きて、出勤して、9時就寝。

別に時間軸がズレるだけで問題は無いと思うんですけどね。

昼間明るいのにわざわざ夜明るくするのも理にかなってない。
日本の「夜遅くまで残業するのが良い」みたいな風習から来てるんでしょうか?

節電を呼びかけられている今、もう一度考える良い機会なのかもと、思います。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/3232-512d9547
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。