上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.28 3DS
世間ではニンテンドー3DSが大流行りのようで、話題にもなってますが……うーん。。。
実は先日ヨドバシに行って触ってきたのですが。

うーん(´・ω・`)。。。

この裸眼3Dって結構昔からある技術ですよね、確か。
飛び出るというか、奥行きのある3D。

少しでも視点がズレると画面がぶれるし、くっきり画面が見える訳でもなくぶれるから気持ち悪いし……。
こういう風にネガティブキャンペーンすると任天堂ファンの方が怒る気もしますが、俺は要らないかなぁ……。

そもそもこういうのって「疑似3D」て呼ぶべきだと思うんですよ。

別に立体な訳ではなく、「立体に見えてるだけ」なんですし。
そんな事行ったら今見えている現実(リアル)だって光が反射して見えてる「二次元」なのは変わりないのですが……なんていうのかな。結局平面の上で立体に見えるだけ、じゃないですか。

それって、3Dにする必要あるんですかね。

拡張現実は面白いと思います。今現在どのレベルまで進んでるのか分かりませんが、画面を通して現実に物を作り出せるのはある意味「画面というレンズを通してみてる現実」な訳ですし。

ですけど、疑似3Dって所詮奥行きのある絵。今までので十分っすわぁ……明らかに無駄機能。

電子書籍は画面に文字を映せば良いだけなのに、わざわざ画面の中に本を作り出して読ませるような物。
何を目的としてるのか、技術だけ進歩して中身が無いのではないかなぁと思う3DSでございましたっ。

でもまぁ、この機能をフル活用出来るようなゲームがあるなら是非購入したいですけどね。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/3218-cb621669
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。