上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.14 Mac App Store
「Mac App Store」はソフトウェア産業を21世紀へと誘う
(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1101/14/news090.html

「うぉおおっ!すげぇっ!」と単純に喜んでいたMac App Storeですが、よくよく考えると凄い存在だったんでウsね。いや、まぁ、凄い存在ってのは分かってたんですが、確かにそうだなって思い直したといいますか、なんというか……。

> 中上級者が、すっかり慣らされてしまったインターネット経由でのソフトのダウンロードとインストールは、冷静な目で改めて見ると、「ソフトの入手と利用」という本筋から外れた余計な手間や難しい概念、そしてわずらわしさのオンパレードであることに気付かされる。

基本的にパソコン使ってもう10年ぐらい経ってる訳で、そしたらApp Storeがオープンしても「支払いが楽になった」ぐらいの感覚しか無いんですよね。でもよくよく考えれば「ネットでソフトを検索して」「ダウンロードの文字を探して(ページによって書かれ方も色々ですし、英語のサイトならまだマシですが、それ以外の言語だったら理解すら出来ません)」「個人情報を入力して」「クレジットカードの番号を入れるor銀行振込でお金を振り込む」「ダウンロード」「ダウンロードして保存した場所を探して」「ファイルの圧縮形式が解凍ソフトに対応していなかったら、その解凍ソフトもネットで探してきて」「解凍して」「インストールする」「下手してインストールした場所が分からなければそれを探す」で、ようやく起動出来る。

こう書くと分かるように意外と大変なんですよね。パソコン初心者には説明するだけでも大変です。
これがMacAppstoreならば「検索して」「見つけて」「ダウンロード」「起動」なんですよね。

……凄いな、おい(笑

Apple信者がウザイとか言いますが、「Appleを使いたい」という人は居ても「windowsを使いたい」という人は少ないと思います。「信者」と言われるのは「使いたい」と言うから。「windows以上にシュアを持ったOS」があれば、「windows」を使う人はどれだけいるだろうか。

少なくとも俺はMacを使いたい。
(VMware Fusion使って、windowsインストールしてあるけどここ1年全然起動してないのも事実)
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/3171-53229267
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。