上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は練馬で開催された聾者協会の方々が開催した「たましろフェスタ」にお邪魔してきました。
大道芸してない時は風船作って配ってたんですが、音が聞こえないってのは以外と大きな違いなんですよね。

そもとも、途中からそうなった人ともとからそうである人では第一言語が違う訳で。
元から聞こえない人は「手話」が第一言語。
途中からの人は「日本語」が第一言語なんですよね。

手話が第一言語だと日本語の文字は俺達で言う「英語」な訳で。
そうなると文化も違うし、ニュアンスも違ってくる。

音が無い事によって雰囲気の伝わり方も違うし、表情でコミュニケーションを取るからそれの受け取り方も多分微妙に違ったりするんでしょうね。

ピンマイクの調子が悪く、声が届かない中、通訳の方の手話が遠くまで届いていたのは凄い利点だなぁと思いました。両手塞がってちゃ使えませんけども。

色々と考えさせられる会場でございました。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/3124-451a5a97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。