上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.02 目的と手段
今日は劇団ねこ入玉手箱の稽古日、演出が遅れてくるという何たる事態であーっもう!でした(´・ω・`)。
――と芝居やったり大道芸やったりしてますが、当然ながら周りもそう言う人ばっかでございまして、色んな方とお会いする事が出来ます。

それで思うのですが、「プロになりたい」という人が多いのですが、「プロになる」のは「手段」であって「目的」では無いんじゃないんだろうか。「プロになったら」出来る事があるから「プロになる」のであって、「プロになる」ことを「目指す」のはなんか違うんじゃ無いかと。

未熟者で殆ど素人と変わらない俺から見ると――ですが、芸能界なんて楽しい所じゃないですよ?
金と欲と……人間関係も面倒だろうし、当たり前に保証される権利も「芸能人だから」って理由で保証されない。

「芝居が好きだから」プロになりたいという人は普通に就職して芝居やった方が絶対良い。
だって、家族がいるでしょう?大切な人が出来た時、貴方は守る力も無いのですよ?

お金が全てとは言いませんが、ある事に越した事は無い。

そう言った保証や幸せ、自分の身の回りの事を全て捨ててまでやり遂げたい事、そういう「目的」があるから「プロになる事」を目指してる訳であって、「プロ」は手段なんじゃないかと。

色んな考えがありますし、千差万別なんでしょうが、俺はそう思います。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/3037-d36b3df4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。