上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディズニーの作品っていうとどうしてもライオンキングとか白雪姫とか、なんだかメルヘンな物ばかり浮かぶのだけど考えてみれば「パイレーツオブカリビアン」や「魔法にかけられて」なんかもディズニーの作品なんですよね。
アニメーションってイメージが強いけど、意外と普通に映画作ってるって言う。

んでもって今回見たのが「ベット・タイムストーリー」。

子供の頃寝る前にお話聞いたよね。あのお話が”現実”になったら……?っていうお話。

相変わらずコメディシーンのテンポがいいというか、台詞が面白くて、ストーリーの展開スピードも面白い。
一本調子にならずにあっという間に2時間が過ぎる感じでした。

「現実になる」って事が分かってるけど、その予想の斜め上を行く現実に笑えるというか。
今回はミュージカル的な要素は一切無いんだけど、「魔法にかけられて」が好きな人は気に入る気がします。

ディズニーの作品ってなんだか「必ず面白い」っていうか、「絶対楽しめる」っていう安心感を持ってみれるから不思議です。見ていると「ああ、ディズニーだな」って思わせる要素がいっぱいあるのに、マンネリ感がないし。

ええ……ほんと、楽しませて頂きましたっ!
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/2833-b9d6bd12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。