上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.25 娯楽
文化というのは生活の余裕から生まれたもの、俺はそう考えています。
だから、「文化」もとい「娯楽」を生み出すには「余裕」が必要だと。

エンタテイナーは「余裕」を持ち合わせていなければ「娯楽」を生み出せないのだと。

しかしながら,現実問題「お金」って奴が必要になってくる訳で。「娯楽」を生み出す為に「余裕無く働く」事が必要になって来ます。いや、「働いた」から「娯楽」を生み出せるっていう考え方もありなんでしょうが、今回はそれは置いといて。

「遊ぶ事」と「働く事」のバランスが凄く難しいなって。

遊び過ぎちゃ「働けない」し、働き過ぎちゃ「遊びを生めない」。

実は昨日ナンバーズ3が当たったんですね。確率的には約1%の宝くじなので「たかが1%の確率を引き当てられなくて、役者なんてやってられるか!」と思い、たまーに買ってるのが。
それで臨時収入があったので、久々にゲームが欲しいなぁと思い、PS3やPSP、DSの情報を見ていたりするのですが。

「そんな物を買っていていいのだろうか?」ていう。

東京に引っ越す事で結構なお金が掛かりますし、「ゲームをする時間」は「他の事をする時間」を削って作る訳ですから。
俺は「ゲームをするため」に働いてる訳じゃないかって。

だけど「全てを捨てて、”芝居”の為に”仕事”をする」のでは「娯楽」は生まれないじゃないかって。


今の俺の娯楽は「ジャグリング」「読書」「筋トレ」「映画鑑賞」、全て仕事に直結させられるようにしています。
「娯楽」って、「文化」ってなんなのでしょう?「仕事で娯楽を生む」ってのはどういうことなんだろう?

一つ確実なのは遊んでばっかいられねぇっていう現実だけ。考えるよりも動いた方が良いのかもしれませんね。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/2750-6910fb51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。