上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみに読む物語
私的レビュー:☆☆☆☆



タイトル通り、「きみに読む物語」です。一人のご老人がどうも認知症にかかってるらしい女性に物語を聞かせるというお話。

ネタバレっていうか、普通に考えて分かると思うんですが、その物語って言うのは2人の過去。2人がどのように出会って、どのような恋愛をしたのか。そして、今2人はどういう関係なのか?

片田舎で木材を切って暮らす貧乏人と、白いスーツを着こなす富裕層のお嬢様。描かれる時代背景は2人の生きる世界の違いを嫌という程知らしめます。

単純なラブストーリーって訳じゃなく、愛の物語はこういうもんだよって始めから終わりまで描いています。ほんと、恋愛って良いね。愛せる相手がいるって良いね。

さて、余り語られず、さり気なく映って終わる「著者の名前」と「その意味」。一瞬「ん?」て感じだったのですが、考えてみてなるほどって感じです。どうして「きみに読む物語」を書いたのか。どういう思いでそれを綴ったのか。それが分かったとたん「語られない物語」が2人を浮かび上がらせてくれます。

描かれる事の無かった2人の恋愛、そこにあったハズの不安や悲しみ、そして愛。
そう言うものあの1シーンで伝えるなんて、本当に凄い。

そう言う意味で本当にオススメ。恋人いるなら2人でどうぞ。俺は一人で見た!
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/2579-6f19eacc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。