上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は南中ソーラン節の位置決めオーディションでして、一応リーダーなもんですから前で審査員をやってきました。期間が短かった事もあり、万全の状態で――と言う訳にはいかなかったのでしょうね、みんな緊張してて面白かった(笑

でも、練習する時間はあったハズ。そこは自己責任ですから。

――なんというか、全体的なクオリティが平均的で、ずば抜けて「う、うめぇええ!」ていう感じが無かったのがとても残念。だからこそ、審査のときも凄く困った。……結果、凄く辛口的な審査内容に。5段階評価で平均点2とかね(笑

まず、「審査員をお客さんだと思え」って言ってあるのに意味が分かってない。意味を汲み取っていないし、取っていたのだとしても踊りに集中し過ぎで忘れている。

そして、踊り込めてない。体力的な面で全然付いて行けてない。多分体力の平均点は1.3とかになると思う。それぐらい全員体力なさ過ぎ。

「声優」ていうと「アニメ」ってイメージだろうけど、「役者」だし「体を使う仕事」には代わりありませんから、ちゃんと体を作って、体力付けてないと駄目っすよ(ていう俺のモットー)。

本番は俺からこんな事言わないで済むように全力で練習して行こう。

未熟者の俺にこれだけ言われるってことは、よっぽどですからね(笑
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/2550-890d64d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。