上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメディ系の台本を書いていて思った。「これはコントでは無いのか」と。

吉本の新喜劇なんかは凄く演技の勉強になると思うし、漫才ほど演技力が必要になる物もなかないと思う。「見ている人が笑う演技」ってのは凄く難しいと思うから。「大真面目に笑われる物をする」「笑われようとする」のではなくて「笑ってもらえる演技」をする。

とんでもなく難しい事だと分かってもらえますか?

で、台本がなんだか「コント」にしか見えず悩んでいたのですが、以外と簡単な答えが見つかりました。

「主軸がある」のが演劇で、「笑いが主軸」なのがコント。

辞書で調べた訳じゃないけど、これが俺なりの答え。「伝えたい事」と「笑い」との比重とでもいいましょうか。だから、似て非なる物に見せかけて、やっぱり漫才と演劇は同じなんだと再確認。

なんとか出来上がった台本ですが、これが「演劇」になるのか「コント」になるのかは役者次第。

意外と難しいコメディの舞台。がんばるぞーっ!

自分で書いた長台詞が言えない今日この頃⇒とりあえず、ランキング参加中なのでくりっく。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/2448-d3c6a320
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。