上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友人が「昨日CLANNAD見てもてないてもーたんよ」って話をどこかでしていたのを思い出しつつ、録っておいたCLANNADを見てみた。智代派な俺からすれば、もう恋愛的要素として終わってる作品なんですけどね。

だって、渚ですぜ、渚。いや、嫌いじゃないけど――渚なぁ……。

んなことは置いといて、前半で「多分こういう事なんだろうな」って言う風に予想した結果に向かって進むストーリー。だったのに関わらず、「次はこうなるんだろ、で、こういう風に――」とか思ってたのに関わらず。

泣くとか、どんだけー。。。

演出だったり、役者の演技だったりがそうさせたんだろうなって後から感じました。
ひたすら「涙腺崩壊寸前」をキープさせておいて、ダムをぶち壊すような、そういうタイミング。

限界の限界でどーんっていう。

考えてみれば、先々週から涙腺崩壊用にヒビを入れ始めていたんだよなーって思うと、ホント演出とか脚本とか、そう言う物が神がかってるなぁと思う。普通の人は、「アニメごとき」っていうんだろうけどその「アニメごとき」でこれほどの物が作られているかと思うと、本当に「アニメごとき」なのかなぁって。

俺は自分の体を使った演技が好きです。自分の感情を前面に押し出せるから。
俺はアニメーションを使った演出が好きです。伝えたい事をちゃんと伝えられるから。

俳優として演技出来るとは思う、ただ声優になれるのはいつの事やら……。

ホント、声だけで感情を伝える事の難しさよ……ランキング参加中。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/2427-79dc3725
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。