上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「リセット」ていう特別ドラマを見ながら書いてます。親が痴呆になるってストーリー展開なのですが、もし俺がこのまま売れない役者で、ずっと不安定な生活をしていて、両親がじいちゃんばあちゃんがこんな風になっても、俺は面倒見てやれないんだろうなって思うとなんだかホームシック。

絶対に成功してやる。心からそう思う。

背負う物が増えたなーって感じる今、こんな話を書くのはまた矛盾しているのだけど、昔のビデオクリップを見てあの頃に帰りたいって思いました。

seiron~old movie~


を見たのでが、あの頃は純粋にジャグリングを楽しんでいたなーって。一つの技が成功する度に喜び、技が出来ない事に悲しみ悔しンで一喜一憂して、ひたすらがむしゃらにボール投げて、楽しんでたんだなーて。

今はそんなの感じなくなってる。

「楽しい」って気持ちは有るけど、どこか義務的で、どこか重くのしかかる何かを感じるんですよね。

子供の頃は何も背負わずに純粋に走ってた。大人になって、それが出来なくなる事なんだよな。

そう思うと、少し寂しくいですが、背負ったものの意味を考えると、それでもいいかなとか思っちゃう俺です。

自分の為に生きて、誰かの為に生きるのですね。たぶん。
そんな感じなのです⇒ランキング参加中ですよっ。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/2379-5c619680
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。