上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.05 音にあわせる
先日の名古屋での演技を踏まえて感じたことがあります。それは「音の重要性」なんですよ。 以前から”音は空間を作る"というのが俺の理論で、ステージ構成――いや演技全般、否世界におけることなのですが、BGMは視覚的印象をガラリと変える力を持っています。 しかし、先日は急遽ノートークルーティンでしなければならなくなった為、「技の音ハメ」を一切行えなかったんですね。(2ディアボロ・3ディアボロは出来たのですが、1ディアボロのルーティンは完成していないので) 明らかに会場の空気を保てていないんです。後緊迫した空気感というか、技の切れ目切れ目におけるキメッ!っていうかシャキーンッ!っていうか――メリハリがなくなってしまっていたんですね。 今後こんなことが無いようにちゃんと練習しないといけないですなぁ。。。 ちなみに、ホンとに音って大事なので、緊張していたり眠たかったりするときは、それ対策用の曲を持ち歩くなどして対処してみてはいかがですか? 実際、眠たい授業の間はJAMの曲で熱くなって、眠気を飛ばしていたりします。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/2124-5872cb42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。