上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超格闘ファンタジー、新章幕開け!ヴァルハラ本社を目指し、《弥都》に降り立ったリロイを待ち受けていたものは!?

いざ、ヴァルハラへ―イグリスでの一件に決着をつけるため、ヴァルハラ本社を目指し、海を渡るリロイとテーゼ。
 しかし、立ち寄った「弥都」で彼らを待ち受けていたのは、ウィルヘルム派と《葉隠》の刺客、
 そして明らかになる“イヌガミの血と歴史の真実”だった…私の名はラグナロク。
 リロイの頼れる相棒にして剣。
 五千年を過ごしてきた私にも、まだ知らぬことが残っていたようだ。
 超格闘ファンタジー新展開“弥都編”スタート。


とまぁ、すげぇ続いていますね、このシリーズ。。。

もっとも、18禁になってもおかしくない程
 グロかったり、えr(ry かったり(ぉ

というか、EXも混ぜると、相当な数になる。

本編とEXを買い続けている自分に乾杯!(*^^)o∀*∀o(^^*)

そして、スピードありすぎで、戦闘シーン
 頭の中で描けない自分へ、切腹。

今回の感想としては、とにかく薄かった。
 本も200ページとかなり薄いのですが
 話も梓の家についての話ばかり。

戦闘シーンも忍とばっか。

いや、江戸時代ぐらいの日本が舞台なのは良いんだけどさ
 こうもまぁ、戦闘ばっかだと、ねぇ?
 力任せにそうされると、飽きてくる。

ダカラ、点数付けるとしたら32点。

あれだ、EXのアウトサイダーとかは、87点ぐらいなんだけどね。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/19-07112aac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。