上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現実は全て並列で物事が起こり、俺の知らないところで何らかの変化が生まれ、それが続き俺へと繋がり、また何処かへ去って行きます。変化の一遍に触れただけ、その事の連続が俺の人生であり、世界だと思います。

俺自身にも変化は起こっていた、ならば世界も変わり続けていて当然だった。それを忘れていたのは俺自身であり、全ては待っていてくれるのだと、不変の物だと勘違いし否思い込んでいた事が原因であり、現状へ陥った俺の罪。

ずっと恋愛の相談に乗っていました。相談に乗る事自体はいつもありますし、色んな人の話を聞いています。ただ、その相手は俺にとって大切な人で、俺に色んな物をくれた人で、俺を少し成長させてくれた、護りたいと思える人だったって話で。だからこそ、全力で恋を応援していましたし、その先の結果も知っていました。

分かっていたのに、覚悟はしていたのに、保護者だとか、仲間だとか、色んな言葉で片付けて忘れ去ろうと、自分を言い聞かせようとしていたけど、やっぱり彼女の事が好きだったんだろうな、俺は。

もう、彼女に俺は要らない。傍に居る事は許されないから、別れは告げたから、全部、了承済みだから。

だから、ありがとう。そして、おめでとう。

......。
メインブログはこちらになっておりまする→「我が道を行く?」
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/1676-cb815e2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。