上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駅で本を読みながら――あっさり全部読み切ってしまったものだから、以外と本なんて薄っぺらい物だなぁ、とか思いつつ――改札口を観察していたら出てくる出てくるわんさかの高校生、っていうか野郎共と女子高生っていうか、カッサーシャツとブラウスとスカートっていうか、制服。もう衣替えの季節なんだろうな、なんだか涼しげ――。

女子高生というよりも、「制服」の魅力に気付き始めるなんて……もうおっさんだな。

不思議な物で、高校時代見慣れた物なのに――ね。人間無いもの欲しさというか、手放して気付くというか……。どちらにせよもうあの頃には戻れないんだなーとなんともセンチメンタルな朝でした。

時は進んで12時間後、電車に揺られ揺られて滋賀から大阪に向かう新快速電車。
1人の男が大きなスーツケースとカバン、そして飴など降っていないのに傘を持ってふらふらと……大爆睡。

扉の横で壁にもたれかかって寝ている姿は奇妙で、よく立ちながら寝続けられるものだと周囲は感心していた――というか、扉が開いた時乗り込んでくる人は迷惑だろうなーとか思っていたに違いない。

時間にしておよそ30分。

我ながら良く倒れなかった物だと感心しました。立ちながらだったので足の疲れは取れず、大阪についてから余計に重くなった足に辟易しましたけどね。

早くどこでもドアを開発して下さい。

帰宅後12時間寝続けました。
メインブログはこちらになっておりまする→「我が道を行く?」
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/1636-12981d19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。