上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あちょーっ!つぁっつぁっ!あちゃーっ!てな位で、友人と「さぁ、俺の胸に飛び込んでこいっ、ほれっほれっ」や「この世に嫌いなものが2つある、糸こんにゃくと生意気なガ・キ・だ」「おい、待てよ。ゆりっ」などなど、仮面ライダーの登場人物になりきり台詞と演技をしすぎた性で、演技実習にて「シェイクスピアになっとるわ!」と言われてしまいました。

……自分のキャラに「音矢」が追加されつつあるのをしみじみ感じる、そんなお昼時。

正直、演技が1パターンになってしまうのは避けたいので、そろそろ違う路線も探ってみようと思う。今の路線は「音矢」以外で注意されないくて、なんだか淋しいのですよ(やり直しも無しで、一発で終了だったし、俺だけみんなと演技の回数なんか少ないし)。注意が少ないのは良い事なのだろうけど、不完全燃焼もいいところだぜっ!

台詞を覚えてしまっているので、基本的に両腕が開いた状態になる。大きな動きが出来る代わりに、「今まで使えなかった腕」と「出来なかった事」によってますます難しくなってきやがる。

色んな人の演技を見て、体の動き、研究しないとな――。

そんな生活を送っているものだから、自分の素のキャラがイマイチ分からなくなってしまう事もしばしば。ほら、「渋い叔父さま」とか「音矢」とか「ガキ」とか「外人」とか――もう、今まで我慢して来た事やりたい放題でやってる訳で。

高校時代の鬱憤、今こそ晴らしてやる!ぐらいのノリな訳だよ、ワトソン君。
……まさしく、誰?的な感じなのですが、「seiron」とての振る舞いを忘れた訳じゃないので、別に困る訳も無く――。

なんだか演技が実生活に浸食していて、妙な気分でございます。
そんな中でも、演技では無い、自然に体が動いてしまう、そんな時があるからまだ自分の存在を感じる事が出来るのですけどね。

全力で人を追いかけるなんて久々。
メインブログはこちらになっておりまする→「我が道を行く?」
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/1631-b99131d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。