上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラえもんの映画で銀河鉄道の奴は凄く好き。今日リメイクの放送が有った、「映画を作る話」なんかは昔放送されたときに録画して何十回と見た記憶がある。あのときからそういう作品作りってのに興味有ったんだなーって思うと、演劇者と作成者の微妙な立場に居るんだよなぁ、いま。

でも、しずかちゃんのシャワーシーンが一切無いのはやるせない。アレは伝統だろう?

今回リメイク放送されたのはもしもボックスで魔法の世界を作っちゃう話の映画。色々大変な事になって、悪魔族を倒さないと地球がヤバいぜ!そうだ!もしもボックスでなかった事に――なんてこった……廃棄物処理場で粉々にされちまってやがる……。

となりつつも、妹からもしもボックスを貰い無かった事に――ン?まてよ?今殺されようとしているしずかちゃんはどうなるんだい?そのまま時は流されて殺される?なんてこったい……。

結局のび太が作った別次元の魔法の世界を救う訳ですが、不本意ながら、悪魔族、全員殺しちゃいます。殺すというか、抹消しちゃいます。

彼らのシーンに階級を示す表現があったりするのですが、階級が有るという事はそれなりの社会が有るという事、社会が有るってことはボスに従っているものの、各々の人格が有り、人生が有るという事。

それを、奴は……!!

地球を救って喜んでいるがな、テメェは何千人という悪魔族を殺したんだ!

なんだか見方を変えてみれば悪役にでもなり得る立場、うーんっ、クレヨンしんちゃんの映画は完全に大人向けになっているけど、意外とドラえもんも奥が深いかもしれないぞ?

過去を変える事は禁止されているはずなのに、ドラえもんは過去を変えようとしているしな。しかもパラレルワールドにならずに、未来はそのまま変化してやがる。くそぉ、なんだか凄い伏線が有って、超大作になる予定だったのかもしれないぜ。

もはや永遠に完結しない漫画、ドラえもんに拍手。

色々経験しても成長しないのび太はやっぱりのび太なんだよなぁ。
メインブログはこちらになっておりまする→「我が道を行く?」
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/1544-74518ccf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。