上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体の自由が利かない間に本を読んでしまおうと思って、一冊読み切った後、もう一冊手を付けてみた。っていうか、最近ライトノベルと言わず本当に本を読んでない。伊集院光の「のはなし」を含むかどうか考えると微妙なラインだけど、文章からかけ離れた生活をしてるなーとは思う。

ブログは文章じゃない、只の文字列。うん、そこは譲らないよ。

ひとまず「とある魔術の禁書目録(15)」を読み切った後、腐女子彼女を手に取ってみた(Macだと「ふじょし」で「腐女子」が出てくる事に感動し、これでいいのか日本的な気分にならなくも無い)。以前はハマっていたけど久々だなぁーとか懐かしんで読み始めたけど、やっぱり面白すぎる。

なんていうのかな、オタク過ぎず、常人過ぎない辺りが自分の環境とシンクロして「あー、Y子さん辺りの人なら」とか希望にかられる。いや、オタクな彼女だと苦労しますし、意外と本当にオタクな人との会話は大変だったりする。俺が付いて行けない領域が多すぎて。

ンで読み始めたのが「死神の精度」っていう奴なんだけど、これがなかなか面白い。ラノベじゃないと思うんだけどなぁ、いまいち文庫よりもラノベの方が難しかったりするから最近分からないんだよなぁ(とある魔術の――なんかは最近難しい言葉増えてきたし、黎明の女神なんかは文庫本なんて比にならないほど難しい)、個人的にはラノベより読みやすい。

短編読み切り型になってて、サクッと読めるしうまく伏線を隠しつつあっさり回収してくれるからかなり気分がいい。TVのクイズ番組みたいに「うーんっ?おっ、おおおっ!?」みたいな感じ。

ランティス組曲を送料無料にする為につけた本だけど、意外と辺りでとても嬉しい、そんなどうでもいいぐだぐだ。

どの本を一人暮らしにお供させようか……。
メインブログはこちらになっておりまする→「我が道を行く?」
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/1529-73f96a0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。