上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に短編小説を書いた。大掃除しながら浮かんだシナリオだけど、結局どこまで書くかで悩むもので、細かい話をぶっ飛ばしたものだから、少し薄っぺらく、そして読者に脳内保管してもらうしかない形になってしまった。けれど、やはり物を書くというのは気持ちがいいと再実感。
短編小説→「スケッチブック」(駄文倉庫。

冬場というものはどうしてもインドアになる傾向がある。特にしたいこともないのにインドアになるものだから、まさに飼い殺し状態。wii sportとかやってみたりするけど、やっぱり外で運動するほうが気持ちいいよ。

ってな訳で、寒空の下練習に出かけてみた。

前日雨が降ったこともあり、地面にしみこんだ水分が凍っているらしく、すべる部分はかなりすべる。楽しいぐらいツルツルと来たもんだから、少々足のやり場に困る。尻餅ついてiPodを踏み潰すようなことだけは避けたい。

練習をすること30分、ようやく体が温かくなってきて、ボールを掴む手も痛くなってきた頃顔につめたいものが触れる……。

ふと見上げると、風に煽られ、流れてゆく雪。

年を越す前に雪を見ることが出来た、そんな些細なことに頬を緩めつつ練習をし続ける事数分。流石に指先が冷え返り、雪の量も増したので帰宅することに。
そして気がつく、携帯に上に降り注いだ雪たちの変わり果てた姿を。

それでも壊れない俺の携帯との付き合いは約3年、こいつも我慢強いなぁ…。

寒さは負けないけど、雪のツンデレに砕けた。
メインブログはこちらになっておりまする→「我が道を行く?」
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/1462-519f2788
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。