上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は書き終わった後保存せずに一度画面を閉じてしまって、嗚呼嗚呼あああああああああああああっ!!!!!!!だったのですが、流石Firefox!瞬時に保存していたらしく、元の状態で立ち上がりました。ありがとう!火狐!

ひぐらしのなく頃に語咄し編①②を読んでみました、自分が死んででも守らなきゃって話は惹かれます。誰が死なないといけない状態になったとして、何が最善なのかってのは愚問なんですよね、たぶん。けど、命を捨てても尚守れるような人になりたいと、俺は思う。
個人的には1945年の鬼畜米兵の物語が好きです。彼はかわいそうでした。

そんな、読んでない人はほったらかしな冒頭部分。

ひぐらしのなく頃にって、少年殺人が起きた際に「悪いイメージ」として取り上げられるけど、残念ながら正反対の話なんですよね。それが「物語の答え」であり正解率1%の「解答」だと思っているのですが、分からないの人が多いのが残念です。

読解力無さ過ぎ、作者の気持ちを感じ取れなさ過ぎ、とかいう問題じゃなくて、「テーマ」を「回答」にしないでくださいよ!って言う俺はゆとりなのだろうか。いや、人生の「テーマ」は終わってみないと分からない!けど、死んだら分からない!だから「読んでも分からない」って言うこともありっちゃぁありなのかもしれない!?

……とりあえず、人を殺すっていう選択肢しかなくなったとしても、「あの」選択肢を選ぶようにして欲しいです。

少なくとも、俺はそのためにいるのですから。

うーんっ、ネタバレ回避するの難しい!(出来てない気がするけど
メインブログはこちらになっておりまする→「我が道を行く?」


他にも伊集院光の「のはなし」も買っていたりする。
Secret

TrackBackURL
→http://juggler.blog1.fc2.com/tb.php/1455-e86bc6cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。