上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作伊坂幸太郎さんの「フッシュ・ストーリー」を見ました。死神の精度とかの人です。以前「重力ピエロ」を見た時に「凄く良かったとは思わないんだけど(物語のドンデン返しとかそう言う面では)見てよかったと思う作品だな」と思ったので、今回も微妙に気が進まないまま見てみました。

結果――面白かったです。

売れないバンド「逆鱗」の売れなかった曲「フッシュ・ストーリー」が色んな場所時代で影響を与えて行くという話で、世界を救います(笑
ええ、「音楽は世界を救う」とか冒頭で笑いますけど、救います(笑

人と人との繋がりって多分こういう事で、きっと誰もが知らない人の影響を受けて生きてる。
世界って誰か一人でも存在しなかったら全く違う形になってたんだろうと思います。


「俺達のやってる事は無意味なんかじゃない」、今はそうでもそう信じたい俺達からすれば良い映画でした。
スポンサーサイト
今日以外になかなか時間が取れないのでDVDを見てしまおうと、ディズニー映画の「プリンセスと魔王のキス」を見ました。カエルになるのは知ってたんですが、舞台がアメリカだとは思いませんでした。普通にファンタジーなのかと……。

ディズニー作品しか見てないからかもしれませんが、ミュージカル要素として歌っている相手に普通に話しかけるようなシーンが好きです。空想と現実の間にあるような。一歩間違えたら「何いきなり歌い出してんの」といいたいような。(「魔法にかけられて」は大好物です)

相変わらずのディズニー、安定感抜群で普通に楽しめました。

お約束というか、大筋は読めるんですがそれでも楽しいってのは凄いと思います。
いつ見ても楽しめる、それがディズニー作品。その秘密は……なんじゃろな?

次はトイストーリー3みたいです。
押井守監督作品「アサルトガールズ」を見ました。
たまたま深夜の映画番組で予告やってて、第9地区と同じぐらいみたいなーと思ってDVDを借りたのですが……

まさに「オナニー映画(自己満足的な意味合いで)」。

黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子の3女優が豪華競演?
豪華なSFアクション?

モンハンの世界観+色んなパロディで、「現実世界と同様になった架空世界でのハンティングアクションゲーム」を描いた作品なのですが、なんか「はい、美女出てますよー、満足ですよね?」「はいっ!ここできました!見せ場!CGをフルに使ったダイナミックなSFアクション!!」「パロディっパロディっ!おもしろい!?おもしろい!?」みたいな。

いままで映画で早送りしたことないのに、開始10分で早送り。70分の映画が30分で終わっちゃいました。
中身なさ過ぎ、役者は作品の演出意図を汲み取る必要があるって言うけど、なんか「カッコイイ映像だからいいだろ?」ぐらいしか分かんなかった。戦闘も緊迫感無くて面白く無いし、「Chapter1」とかで区切ってるけど、短い時間で区切り過ぎて鬱陶しいし。

アイアンマンのパロディ、メタルマンはお金掛かってない最高のB級映画だけど、これはお金懸けまくったB級映画でした。

まさに、押井守監督と主演女優のファン向けに作られたファンサービスな映画。

30分で終わってよかったです。
実はターミネーター1を見た事が無い俺ですが、子供の頃から何度も何度も再放送されるターミネーター2は人生ベスト10に入るぐらい名作だと思っています。なんだろうな、「ターミネーター」のイメージって言ったら2みたいな。
サラコナーズ・クロニクルとかも面白いとは思いますが、あくまでも「2」が強いですね。

そんなターミネーターですが、先日ようやく4を観ました。
前作3が駄作中の駄作、なんだか面白みに欠ける作品(「2」と比較してしまうからかもしれませんが、緊迫感にも盛り上がり感にも欠ける作品)でした。だから「4」はどうなのかなぁって。

3は相変わらず「追っ手から逃げる物語」だったのですが、「4」は完全に戦う物語になるという事で別ものってのは覚悟していたんですが……まぁ、「ターミネーター」って名前と「ターミネーター」が出て来ただけで全く別ものの戦争映画。でも、所々にターミネーター要素が入ってて昔のファンを裏切らないというか、ちゃんと意識してくれてて面白かったです。

T-600はかっけぇってなりましたし、CG技術で復活したシュアちゃんの冷徹っぷりも惚れ惚れしました。
三部作らしく残り二部、興行成績が宜しく無くて「3」よりも下回って模様……楽しみにしてるから頑張って!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。